レーシックで視界をクリアに

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力を治す方法

生まれたままの裸眼

福岡の街をそぞろ歩いていると、いろんなお洒落なお店を目にすることが出来ます。何と言っても九州でいちばん大きな都市。街の姿は超近代的だし、めんたいこも美味しい。方言も魅力的。そんな街に、お洒落なお店が集まらないわけがありません。そんな街にあっては、メガネとかコンタクトは単なる視力を矯正するための道具ではなくなります。たちまち魅力的なお洒落アイテムに早変わりするのです。フレームのカラーやデザインが秀逸なメガネ。瞳の色を自在に変えることが出来るカラコン、などなど……。
とはいえ、本当に目を魅力的に見せたいのであれば、生まれたままの裸眼をぱっちりひらいたほうが良いに決まっています。
瞳に宿る輝きは、自然のものがいちばんいいのです。

……と書きはしたものの、またしても「とはいえ」です。とはいえ、目がわるいのにメガネもコンタクトもなしで過ごすなんて、人によってはハッキリ言って危険な場合もあります。道を歩いていて何かにぶつかったりつまずいたり。怪我をしてしまっては、お洒落どころの話ではありませんね。

知名度の高い方法

そんな、裸眼をぱっちり見せたいけれど視力が低くてそれもかなわないという人のために、レーシックという新しい視力を矯正する方法が編み出されました。もうちょっと詳しく言うなら、レーシックは、福岡という大都市であればやってくれる眼科クリニックを何軒も見つけることが出来る「手術」です。目をちょっとばかり最新式の医療機械を使っていじると、次の瞬間にはクリアな視界を手に入れることが出来ています。朝、目覚めた最初の瞬間からあざやかな風景を見ることが出来る。そんな目を、得ることが出来るものなのです。
この手術は1990年代にヨーロッパで確立された、メガネなどに比べればまだ「若い技術」です。しかし同時に、もはやほとんど100%完成している技術でもあります。世界中の人々がレーシックによってクリアな視界を手に入れていて、特に有名なスポーツ選手なども手術を受けていることから、日本でも知名度が高まっています。そして、大都市福岡では多くの眼科クリニックがこれを取り入れ、九州全土の人たちの手術を手がけているのです。