レーシックで視界をクリアに

このエントリーをはてなブックマークに追加

エキシマレーザー登場

マイクロケラトームとレーザー照射機

レーシック手術の中心となる作業は、目の角膜に開けられた穴にレーザーを照射することです。角膜に穴を開けるとはいっても、角膜すべてをぶち抜いてしまうのではなく、いくつかの層に分かれているうちの上の部分だけを切り取り、しかも完全に切るのではなくて一部でつないでおいて、フタのように開け閉め出来るようにしておくのです。切り取られた層の下にあるのは、角膜としての仕事を実際に担当している部分。そこに、直接レーザーを当てて異常を正常に治すというのが、レーシックの基本です。
この、人の手でやるのはあまりに難しい手術は、機械によって行われることになります。もちろんその操作は眼科のドクターならではの腕の見せどころではありますが、実際に「腕」を見せることになるのは、手術用の機械なのです。先端にメスを仕込んだマイクロケラトームという機械が、角膜の表面層だけを正確に測って切り取ります。そして、そこにレーザー照射機が正確にレーザーを注ぎこむのです。福岡のクリニックには、質の高い手術機器が多く取り入れられています。

優秀なエキシマレーザー

最近、福岡の名だたる眼科クリニックが注目しているのは、レーザーの中でも特にエキシマレーザーという物を照射する機械です。
エキシマレーザーは、もともと工業用のレーザーとして生み出されたものでしたが、パワーの調節を細かく行うことが出来、人の体を傷つけることなく作用させることが出来るということで、医療用にも転用されているのです。そして、レーザーを使う医療の中でも、特に繊細さが要求されるレーシックに、取り入れられるようになっているのです。
実際、エキシマレーザーは福岡の眼科クリニックだけでなく、海の向こうの医療大国アメリカでも認められています。医療用品の審査を行う機関としては、世界でいちばん峻烈で厳しいとされているFDA(アメリカ食品医薬品審査局)の認可を受けているという、まさに折り紙つきのレーザーなのです。このレーザーを使ってレーシックをやってくれるクリニックを福岡で選ぶことが出来れば、安心して目を任せることが出来ます。